夫の入院のためキャッシングを利用

夫が入院したためキャッシングを利用しました。
夫の入院という突然の不幸に戸惑いましたし、
ちょうど大きな出費のあった直後だったため現金がなく、
止む終えずキャッシングを利用することにしました。

返済の目途があったので不安なくキャッシングできました。

夫は正社員として勤めていますし、保険にも入っています。
保障はしっかりあるのですが、入院ともなればすぐに現金が必要です。
私は夫の看病で側についていたいですし、お金のことであれこれ悩みたくは
ありませんでした。入院ということで、
それなりのまとまった額をキャッシングすることになりましたが、
後で返ってくるお金もありますし、保険などのお金も後で入ってきますので、
その辺の不安はあまりありませんでした。

すぐに返せるあてがあるときのキャッシングなら、それなりにまとまった額でも
安心して借り入れをおこすことができます。
利息のことが気にはなりましたが、そんなことよりも夫の側に居る時間を
少しでも早く、多く取ることを優先しました。
私が不安になっていれば、入院している夫はさらに不安になります。
余計な心配はかけたくありませんでした。
幸い、入院は思ったよりも短期間で済みました。
退院のめどもたったころ、夫にキャッシングのことを打ち明けました。
私は知らなかったのですが、繰り上げて返済することができれば、
最初に決められた返済期限通りに返してくよりも利息の分を節約できるそうです。

そこで色々な手続きをスピーディに進めて、入金があったタイミングで
どんどん返していくことにしました。
夫の勤めている会社のほうでも早く手続きを進めてくれたので入金が早かったですし、
保険に関しても思っていたよりも早くお金を支給して貰うことができました。
最初に利用したときには、金額が大きかっただけにキャッシングの利用には
不安がありましたが、終わってみれば利息も思っていたよりもかかってはいませんでした。

キャッシングによってスピーディーにお金を用意できてとても助かった

なによりもキャッシングを利用したことでスピーディに現金を用意することが
できたのが良かったと思っています。
親戚などを頼るという方法もありますが、頭を下げてまわるのも
手間がかかって大変ですし、後々のこともありますので借りたくはありません。
キャッシングであれば、ビジネスライクに借り入れをすることができますから
後腐れもなく便利です。
なにより、弱っている夫の側についていてあげる時間を作ることができたことが
良かったと思っています。